MHCL BLOG 衛生の現場に携わる町田予防衛生研究所のスタッフが綴るブログ。

世界手洗いの日

こんにちはWeb係のトダです。

本日10月15日は「世界手洗いの日」です!

世界で、5歳の誕生日を迎えずに、命を終える子どもたちは年間760万人。その原因の多く、予防可能な病気です。
私たちの生活には、当たり前にある水やトイレ、そして食事・・・ それらが不足しているために、不衛生な環境や生活習慣を強いられ、下痢や肺炎にかかって命を失う子どもたちが220万人もいます。

もし、せっけんを使って、正しく手を洗うことができたら。
年間100万人もの子どもの命守られ、また、下痢によって学校を休まなければいけない子どもたちが大幅に減ります。

自分の体を病気から守る、最もシンプルな方法のひとつが、せっけんを使った手洗いです。

正しい手洗いを広めるため、国際衛生年であった2008年に、毎年10月15日が「世界手洗いの日」(Global Handwashing Day)と定められました。

日本の子どもたちに、正しい手洗いの大切さを楽しく伝えたい。
そして、衛生と子どもの命についてもっと知ってもらいたい。
毎日する手洗いを通じて、自分の健康や世界の子どもたちのことを、いっしょに考えてみませんか。

(以上、「世界手洗いの日」プロジェクトのサイトより引用)

食品衛生の基本は手洗いです。

自身の手洗い、そして、みんなの手洗いについて考えてみましょう!
プロジェクトのサイトでは、いろいろなデータやお話が揃っています。
是非参照ください。
「世界手洗いの日」プロジェクト

20121015.gif

ノロウイルスのシーズンが始まります。

こんにちは広報戸田です。

今月の衛生通信はノロウイルスを特集いたしました。
10月に入り、ノロウイルス感染症に注意するべきシーズンが始まります。

先月末にドイツで発生した、発症者1万人を超す超大型食中毒事故の原因は、ノロウイルスと発表されたようです。
感染経路はいまだ不明のようですが、イチゴの砂糖煮の加熱処理が不十分で、ノロウイルスが不活性化されなかったと推測されているようです。

ノロウイルスは、食品上では増えません。
しかし、乾燥に強く、長く感染力を持ったまま存在することがあります。また、少量でも発症する強い感染力があります。

検査および対策について、お気軽にお問い合わせください。20121011.gif

豚レバーはしっかり加熱しましょう。

こんにちはHP管理の戸田です。

先日、厚生労働省より「豚レバーの生食提供」について注意喚起がありました。

[PDF]豚レバーの提供に関する指導等について (食安監発1004第1号)

牛レバーについては、今年の7月1日より、生食用の販売・提供が禁止されました。
牛レバーの代わりかどうかはわかりませんが、規制のない豚レバーを提供している施設があった事から、今回の注意喚起となったようです。

別添資料には、実際に豚レバーの生食が原因と思われる
・サルモネラ属菌
・カンピロバクター

による食中毒事故事例が挙げられています。

また、豚レバーの生食によるE型肝炎ウイルスの感染リスクについても挙げられています。

食肉を介するE型肝炎ウイルス感染事例について【E型肝炎Q&A】(厚生労働省)

衛生点検報告会

こんにちは広報担当の戸田です。

この写真は、先日行われた衛生点検の報告会の様子です。20120928.jpg衛生点検では、当社専門スタッフが、お客様の施設に伺い、衛生点検表によるチェックを行います。
報告会では、各施設の責任者に出席していただき、当社より点検の結果について解説させていただくとともに、衛生状況の安定とさらなる向上のための協議に協力させていただいております。

今回写真に協力していただいたのは、
株式会社 ユーミーケア様です。
湘南エリアを中心に福祉・介護施設の運営及び管理をされている法人です。

点検および報告会を担当させていただいているスタッフによると、
「この報告会では皆さん本当に積極的に意見交換されていて、
衛生点検のたびに、着実に衛生レベルが上がっている」
「担当して2年になるが、報告会で得た情報や決まり事が、
確実にそれぞれの現場に落とし込まれているのが感じられる」
との事です。

衛生点検および、衛生に関するご相談について、お気軽にお電話ください。

衛生通信で使われなかったカット

こんにちはWeb係の戸田です。

さて、これは先月8月号の衛生通信にスペースの都合で使われなかったカットです。20120925.gifほっかほか茹でたてのアスパラガスです。

「喫食までに殺菌工程(洗浄や加熱)の入らない食品の取り扱いには特に注意しましょう」という展開でイラストを盛り込みたかったのですが、スペース的に無理でした。
次号はノロウイルスについて特集する予定です。せっかくなのでその号に使用しようと思ったのですが、やはりスペースの都合上無理そうです。
しかし、このままいつかの時まで保管しておくのも、イラストを描いていただいた方に申し訳ないです。
というわけでまずはブログに掲載してみます。

ほっかほか茹でたてのアスパラガスです。

ジョブローテーション

こんにちは広報担当の戸田です。

社内にて、先週から今週にかけてアチラコチラで席替えが行われています。20120918.jpg半年前は部署の大がかりな移動がありましたが、今回は、人事異動による個人の席替えが中心です。
当社では、定期的にジョブローテーションが行われています。本人希望による異動のパターンもあれば、部署から特命による異動もあります。
今回は、食品衛生課→検査部や総務課→業務部、検査部内の担当変えなど、大きな異動から小さな異動まで発生しました。
私の異動はありませんでしたが、席替えが生じました。書類整理に良いタイミングです…

学園祭における食中毒事故

まだ日中は暑い日が続きますが、少しずつ秋を感じさせる空気が漂い始めてきましたね。
こんにちは広報担当のトダです。

学園祭における食中毒事故の疑いが発生しました。

中高生250人食中毒 岐阜、文化祭の軽食調査(47NEWS)

夏から秋にかけて、お祭りや学校・自治体等の行事において、模擬店での食中毒事故が毎年発生しています。

いよいよこれから秋のお祭り・学園祭シーズンです。
普段調理に従事されていない方が、出店する事も多くなると思われます。
食品関係の模擬店を計画されている方は、事前に保健所の指導をしっかりと受け、衛生的な営業を心がけましょう!

衛生についての相談や検便、食品検査、衛生講習会など、当社までお気軽にお問い合わせください。

参考記事
京都市:学祭衛生管理マニュアルの発行

夕方の風景

こんにちは業務部広報担当のトダです。

本社ビルでは、夕方になると検体とともに多くのスタッフが帰社します。
お客様の施設にお伺いして衛生点検を行い、同時にサンプリングされた検体が検査室へぞくぞくと運ばれていきます。20120907.jpg 写真にある銀色のボックスの中には、冷蔵状態が保たれた食品検体が入っています。
この後、検査室で輸送状態の温度チェックと記録が行われ、検体が受け付けられます。
時はまさに金曜日の夕方。食品検査室では二回目の作業ピークが始まろうとしています。

東京都健康安全研究センター

こんにちは戸田です。

先日、東京都健康安全研究センターに伺う機会がありました。20120906.jpg新しくなった本館に入るのは初めてだったので、いろいろと貴重なお話をお伺いできたのと同じくらい、ピカピカの建物に心が躍りました。
5月に完成してからは、まだ検査課スタッフも行った事がないと聞いていたので、行く前からわくわくしていました。
いやぁ…特に何がどうという訳ではないのですが、何か新しい建物っていいですね!

ホームページでも様々な情報をご紹介しております。是非ご覧ください。