Image Photo

放射性物質検査

検査・サービスのその他のメニュー

食品や飲料水、土壌などの自主検査に。
放射性セシウム(Cs-137、Cs-134)を測定します。

検査イメージ

放射性物汚染の問題は、今後長期にわたる監視の必要性が唱えられています。
平成24年4月1日より、食品の安全と安心を確保するために長期的な観点による「食品中の放射性セシウムの新基準値」が、厚生労働省によって改めて設定されました。この改正に準じ、株式会社町田予防衛生研究所においても、以下の内容で放射性物質検査を受託いたします。
食品関連企業の皆さま、地域の皆さまの身近な第三者検査機関として、自主検査のお手伝いをいたします。食品、土壌などの自主検査により、放射線に関する不安解消の一助となれば幸いです。

※現在、放射性物質検査は、個人でのお申し込みについてはお断りさせていただいております。

食品衛生法上の基準値について

食品中の放射性物質について、平成24年4月1日より食品衛生法上の基準値がとりまとめられ施行されました。詳しくは下記リンクを参照ください。

検査内容

環境検体
(土壌・砂・環境水等)
一般食品 飲料水・牛乳
乳児用食品
検査項目 放射性セシウム(Cs-137、Cs-134)
*放射性ヨウ素(I-131)の検査については別途お問い合わせください。
検査方法 NaI(TI)シンチレーションスペクトロメータ法
「食品中の放射性セシウムスクリーニング法」
(厚生労働省)に準拠
ゲルマニウム半導体検出器を用いたガンマ線スペクトロメータ法
検体必要量 1.5~2.0 kg程度
(検査対象によりますので詳しくはお問合わせ下さい。)
2.5 kg以上
下限値 20ベクレル/kg 25ベクレル/kg未満
*測定下限値(スクリーニング法)
1ベクレル/kg
検査納期 検体受領より3営業日 検体受領より3~5営業日
備 考 *検査は完全予約制になります。
*検査終了後の検体は原則着払いにて返却し、保管いたしません。
*食品については可食部が検査対象となるため前処理をお願いいたします。
例:魚の頭部・内臓・骨の除去、野菜の洗浄(泥落とし)など

検査機器について

乳児用採尿バッグ

フィンランドHIDEX 社製トライアスラーベクレルファインダー

NaI(Tl)シンチレーション検出器は、検出効率が高く、迅速かつ効率的に検査を行える装置です。
当社では、原子力発電施設等の緊急事態に際して食物中に付着・含有した放射性物質の検知用に特に開発されたフィンランドHIDEX社製の装置を使用します。
検出器は鉛遮蔽体中に設置され、外部の放射線(バックグラウンド) による影響を受けず、測定をおこなうことが出来ます。

関連コンテンツ

メール、電話、もしくはFAXで「放射性物質検査について」とご連絡ください。担当のスタッフが対応致します。

※本ホームページのお問い合わせページからも受け付けております。お問い合わせページはこちらから