MHCL BLOG 衛生の現場に携わる町田予防衛生研究所のスタッフが綴るブログ。

細菌性食中毒事故が増えています

こんにちは広報課のトダです。

細菌性食中毒事故のニュースが増えています。
特にカンピロバクターによる食中毒事故が多く目立ちます。

カンピロバクター食中毒は、細菌性食中毒の中では、発生件数が最も多い食中毒です。特に夏季は、動物腸管内での保有率が大きく上がると言われています。

鶏肉関連の調理食品やその調理過程中の加熱不足、取扱い不備による二次汚染等が、事故の原因として多く挙げられています。

いよいよ夏も本番を迎えます。

くれぐれも油断なきよう食品衛生管理に取り組みましょう。

ホームページでも様々な情報をご紹介しております。是非ご覧ください。