MHCL BLOG 衛生の現場に携わる町田予防衛生研究所のスタッフが綴るブログ。

腸管出血性大腸菌による露店での食中毒事故

こんにちは広報スタッフの戸田です。

7/26に静岡県で発生した花火大会露店での「冷やしキュウリ」を原因とする腸管出血性大腸菌o157による食中毒事故は、日を追うごとに発症人数が増えています。
8/3の報道発表当初は30人だった発症人数は、73人→174人→321人と日を追うごとに増え、本日確認できるかぎりでは400人を超える発症者となっています。

8/6付で厚生労働省より今回の事故概要を含めた注意喚起も発表されました。

平成26年8月6日 腸管出血性大腸菌による食中毒の発生予防について
(厚生労働省 食安監発0806第1号)

毎年、地域のイベントや学園祭などの露店で販売された食品が原因と考えられる食中毒事故が発生しています。
出店される際には、衛生面に細心の注意を払いましょう。

ホームページでも様々な情報をご紹介しております。是非ご覧ください。