MHCL BLOG 衛生の現場に携わる町田予防衛生研究所のスタッフが綴るブログ。

真空パックなど「密封食品」での食中毒

こんにちは広報担当の戸田です。

今月19日に厚生労働省より、ボツリヌス食中毒対策についての注意喚起が発表されました。

厚生労働省 報道発表
真空パック詰め食品などのボツリヌス食中毒対策についての注意喚起の実施について

3月に発生した食中毒事故においても、ボツリヌス菌について、より一層の注意喚起の必要性が示されていました。
上記リンク先では、食品関係事業者向けと消費者向けのパンフレットが掲載されております。

注意喚起のポイントとして挙げられているは以下の通りです。

○事業者等へ
・容器包装詰低酸性食品は、高温加熱による殺菌又は冷蔵管理などの対策が必要
・要冷蔵食品は、その旨が消費者等に分かるよう明確な表示が必要
○消費者の方々へ
・要冷蔵との記載がある食品は、冷蔵保存の徹底が必要

ボツリヌス菌対策については、以前の記事を参照ください。

容器包装詰低酸性食品に関するボツリヌス食中毒対策

ホームページでも様々な情報をご紹介しております。是非ご覧ください。