MHCL BLOG 衛生の現場に携わる町田予防衛生研究所のスタッフが綴るブログ。

お肉の衛生

こんにちは戸田です。

農林水産省より、「鶏肉の生産衛生管理ハンドブック」が発表されました。(安全な畜産物を生産するために農場でできること(食中毒を減らすための取組)内のPDF資料参照)

ハンドブックによると

農林水産省が、平成19 年度から平成21 年度に行った肉用鶏農場を対象にしたカンピロバクター及びサルモネラの保有状況調査の結果、多くの農場が、消毒や作業衣の交換等の一般衛生管理対策(飲水の消毒を除く)を実施しているにも関わらず(表1参照)、カンピロバクターについては夏季で約6割、冬季で約3割(表2参照)、サルモネラについては季節に関係なく約8割の農場が保有していることが判明しました。

との事。

今年の夏も多くのカンピロバクター食中毒が発生しました。この際、オーバーかもしれませんが調理従事者は「生肉はそもそも食中毒菌に汚染されている」と考えて取り扱うのが正しいといえます。

お肉について、検収や下処理、完成品や他への二次汚染が起きていないかのチェックを、定期的な自主検査で確認しましょう!

赤痢菌による食中毒の疑い

こんにちは広報担当の戸田です。

赤痢菌による食中毒の疑いのある事件が発生したようです。

東北で15人が赤痢感染 食中毒の可能性

赤痢菌感染症は三類感染症です。
赤痢菌の主な感染源はヒトです。糞便や汚染された手指、食品、水、ハエ、器物を介して直接、あるいは間接的に感染します。腸管出血性大腸菌と同様に、微量の菌で感染が成立するため、感染が拡大しやすく、健康被害も生じやすいと言われています。

食品調理従事者の方は、定期的な検便で感染チェックをしましょう。赤痢と判断された人は症状の有無に関わらず、業務に従事しないようにしましょう!

忘れがちな手洗いポイント

こんにちはブログ番の戸田です。

前回、腸管出血性大腸菌が流行っているという記事をUPしました。
食中毒であれ感染症であれ、予防には「しっかりとした手洗い」が有効です。
そこで、久しぶりに忘れがちな手洗いポイントをご紹介。

 

手 首

20110825.jpg腕時計やアクセサリー等は外してしっかりと洗いましょう!

腸管出血性大腸菌の感染症

こんにちは広報担当の戸田です。

国立感染症研究所の発表によると、今年の夏は例年に比べて、腸管出血性大腸菌の感染症が増えているそうです。
食中毒事故においても、老人ホームや合宿所などで、発生がみられます。

ここ数日は涼しい日が続きましたが、また暑い日が戻ってくるそうです。
素材の温度管理、お肉の取扱った後の手指や調理器具からの二次汚染、また、お肉の加熱不足等、十分に注意して食中毒を防ぎましょう。
また、定期的な検便で不顕性感染を調べましょう。

衛生通信で使用したカット

こんにちはHP管理をしている戸田です。

日差しが強く暑い日が続きますね。(と書いた途端に大雨が降ってきました…)
先日温度管理票をご紹介しましたが、再度冷蔵庫ネタです。

このイラストは衛生通信の8月号で使用したものの、スペースの都合上で一部切ってしまったイラストです。20110819.jpg衛生通信では、冷蔵庫下段の卵や魚・肉素材が載せれませんでした。
素材由来の細菌から二次汚染が発生しない様に、冷蔵庫の中も、整理・整頓・清潔を心がけ、温度管理をしっかりとしましょう!

お盆期間も通常営業しております。

こんにちは広報担当の戸田です。

当社は、夏季期間(8月~9月)も通常通り営業しております。

営業時間は平日の9時から17時。
なお、窓口での受付は16時までとなっております。

また、食品検査および拭き取り検査等の検体郵送に関しましては、平日の午前着指定でお送り下さるようお願い申し上げます。

冷蔵庫に貼れる温度管理表

こんにちは広報の戸田です。

暑い日が続きますね。
今月の衛生通信の特集でも一部触れていますが、厨房内の室温が高い場合やドアの開閉頻度により、冷蔵庫内温度が思いがけず上昇することがあります。
冷蔵庫を過信せず、一日二回以上は庫内温度を確認し、記録をとっておきましょう。20110808.jpg ちなみに写真は、冷蔵庫に貼付したまま記録が行える「温度管理表(記録用紙+ホルダー)」です。当社で取り扱っておりますので、ご希望の方はお気軽にお問合わせ下さい。

食品表示管理士検定試験

こんにちは戸田(広報担当)です。

第7回食品表示管理士検定試験の合否が当社に届きました。
ちなみに「食品表示管理士」制度とは、

日本における食品表示に関する法令に熟知し、新規表示作成・既存表示精査能力を有し、表示違反を未然に防ぐだけではなく、お客様へ正しい食品表示情報を提供する能力のあるものを認定する制度です。

詳しくは(社)新日本ス―パーマーケット協会の該当ページを参照下さい。

今回当社からは、7人が受験し、無事全員合格しました。
これで、上級合格者は5人となりました。
20110803.jpg食品表示は、食品衛生法、JAS法、景品表示法などが関わり、しかも刻々と変化します。
今回受検した7人も、業務上関係が深いとはいえ、かなり勉強した事と思います。
お疲れさまでした!

というわけで、当社のお客様で表示に関するお問合わせは、お気軽に担当までご相談下さい。

夏祭りやバザー等を主催される方は注意しましょう。

こんにちは広報担当の戸田です。

7月も終わりに近づいてきました。
来週からは8月です。夏休みシーズンということで、毎年いろいろな夏祭りやバザー等のイベントが多く開催されます。そして、毎年いろいろな食品で食中毒が発生しています。

夏という”暑さ”に加え、大量調理経験のない人が参加したり、野外で設備の変化・不足がある等、通常よりも高い食中毒のリスクがあります。
主催者や実行委員の方は、開催に先立って手洗いの衛生指導や調理従事者の検便等を行っておきましょう!
20110729.jpg

企業の節電目標その2

こんにちは。広報の戸田です。

前回の報告では順調な節電をお伝えしました。そしてご報告が遅くなりましたが、6月も順調でした。

4月分 昨年比 26.58%減
5月分 昨年比 24.70%減
6月分 昨年比 23.99%減

しかし、今後気温が上がれば上がるほど減率の維持は厳しくなりそうです。
まだまだ暑い日が続きそうです。
皆さまも体に無理をしない節電に心がけましょう。
20110722.jpg

ホームページでも様々な情報をご紹介しております。是非ご覧ください。