MHCL BLOG 衛生の現場に携わる町田予防衛生研究所のスタッフが綴るブログ。

衛生通信で使われなかったカット1月号

こんにちは広報担当:戸田です。
20110216.jpg上記は衛生通信2011年1月号の特集:冬にも気をつける食中毒にてスペースの都合上使われなかったイラストです。
かわいらしいです。

カット鶏肉のカンピロバクター汚染率は、行政からのデータにおいても50%とも60%とも90%ともいわれ、検出法や年代、場所によってバラバラですが、結果高確率でカンピロバクターが検出されるのは間違いありません。
鶏肉カンピロバクターに汚染されていると考えてもよいでしょう。

新鮮だからと言って安全でありません

鶏肉は、熱をよく通して食べましょう!

積雪

昨日の夜から降り続いた雪は、東京都西部に久々の積雪をもたらしました。
こんにちは戸田@Web担です。
20110215.jpg雪は溶け始めていますが、底冷えする寒さは残っています。
今月の衛生通信には入らなかったネタですが、これだけ寒ければ細菌的に大丈夫だろうと思ってしまうのは危険です。

例えば、低温細菌は寒さの中でも発育します。低温菌ともいわれ、自然界にも広く存在し、文字通り低温で発育する細菌の総称です。
乳関連や魚・肉などからよく検出され、冷蔵状態でも食品に腐敗などの品質劣化をもたらします。

ぎょう虫検査セロファン

こんにちは。町田予防衛生研究所スタッフ戸田です。

20110210.jpg写真はウスイ法ぎょう虫検査セロファンです。
当社ではぎょう虫卵検査も行っております。
春や秋になると学童・園児の健診として全国から依頼いただいております。
昨年より個人用の報告書を個人情報保護の観点から密封式の検査報告書を採用しました。

↓圧着式で検査結果が密閉されています

20110210_2.jpgまた、意外に知られていませんが、ぎょう虫は感染力が強く、
家族内での感染に気を付けなければいけません。
駆虫する時は陽性者だけではなく、家族全員一緒に駆虫するのがお勧めです。

あと噂では、
「使う時の姿勢」を身をもって表現している彼の名は
丸輪 太郎
というらしいです。

↓丸輪太郎?

20110210_3.jpg
機会があったら正式名称なのかハイポネックスジャパンの方に聞いてみます・・・

節分

鬼は外!福は内!こんにちは戸田です。

本日は節分ですね。
皆さんが張りきって投げているのは大豆でしょうか?落花生でしょうか?

ちなみに食品アレルギー表示の関係では、
落花生は表示義務のある特定原材料品目
大豆は表示が推奨される特定原材料に準ずる品目
となっております。

また、大豆を含む豆類には食品衛生法の規格基準でシアン化合物についての規制があります。
http://www.mame.or.jp/common/QandA.html#53

是非、そんな事を少しだけ頭の片隅に置いていただいて豆まきを楽しんで下さい。

あと、落ちた豆をそのまま食べるのはあまり衛生的ではないですよ。

コンビニ収納始めました。

こんにちは。町田予防広報担当戸田です。

さて、今月20日より、請求書の様式が一部変更しました。
20110128_1.jpgまずは、ご請求額3万円未満のお客様が様式変更のご対象となりますが、コンビニエンスストア郵便局で使用可能な払込取扱票が請求書下部に付くことになりました。是非ご活用ください。
従来のお支払い方法ももちろんご利用いただけます。

また、それに伴いまして、封筒がマイナーチェンジしました!
20110128_2.jpg比べると色で一目瞭然ですが、その他も少しずつ変わっています。(例えば窓枠の位置とか…)

日本給食サービス協会賀詞交歓会

こんにちは、戸田です。
今回は、食品衛生担当のO係長の週次報告からの抜粋をご紹介します。

「食品衛生O係長 週報より」—————————–
1月20日、毎年恒例の「日本給食サービス協会」の賀詞交歓会に参加させていただきました。
20110124_1.jpg毎年当社のブースを出させていただき、衛生に関して提案させて頂くだけでなく、皆様からお話を頂戴する情報交換の場として活用させていただきております。何回も参加させていただいてる割には、参加者に、衛生点検等で立ち入っている企業の役員の方々がいらっしゃるということもあり、毎年、自然と緊張感に包まれます。20110124_2.jpgそんな中、お取引先企業の方々から「いつも無理聞いてもらってすいませんね、助かってます」など温かいお言葉も頂戴しました。

このような事を励みにし、一致団結してお客様へのサービス向上へ頑張りましょう。
——————————
素敵な檄文です。
私もがんばります。

新しいインキュベーター

こんにちは。広報戸田です。寒い日がつづきますね。
20110120_1.jpg上記写真は、「食品検査用に新たなインキュベーターが導入されている図」です。
当社スタッフの背中から、新しい器具到着のうれしさが伝わってくるようです。

一見このままひょいと持ち上げそうな感じですが、コレものすごく重いです。

コレでさらなる業務がこなせるようになるのです。
町田予防衛生研究所では、どしどし食品検査をお待ちしております。

ノロウイルスの陽性率(当社調べ)

こんにちは。広報担当の戸田です。寒い日が続きますね。

さて、今シーズンのノロウイルス検査の陽性率について調べてみました。
尚、今シーズンというのは昨年10月1日から先週の1月15日までです。

   通常検査:  1.5%
特急検査:18.9%

当日中に結果が出る特急検査は、急ぐ方が多いです。
すなわち、
「もしかしてノロウイルスかも?」と思われた方や、
「もう治ったのでは?」と再検査をされる方が多いので陽性率は高めに出ています。

つまり、語弊を恐れずに言うのであれば、
「ノロウイルスかも…」と思った内の約5人に1人が陽性とも見れますし、
「体調も戻ったしそろそろ治ったでしょう」と思った内の約5人に1人が陽性とも見れます。

まだもう少しノロウイルスのシーズンは続きます。

皆様気を抜かず感染対策しましょう!
20110118.jpg

インターフォンでお呼び掛けください。

こんにちは。とだです。Web担当をしています。

年末に玄関写真を掲載したことで、思い出したことがあります。

それはドアの事です。

当社ビルの玄関は基本的に施錠されています。
20110114.jpg検体の直接持ち込み等で御来社いただく方は、インターフォーン(上記写真の赤い丸印)にてお話し下さい。
こちらから解錠させていただきます。

時々、力でこじ開けようとする方がいらっしゃいますが、無理はダメです。

今年もよろしくお願いいたします。

新年明けましておめでとうございます。Web担戸田です。

スタッフ一同、より皆様のお力になれるよう頑張ってまいりますのでご期待ください。
20110105.jpg本日より業務は通常通りとなります。
さっそくノロウイルス検査の検体が多く来ているようです。

ホームページでも様々な情報をご紹介しております。是非ご覧ください。