MHCL BLOG 衛生の現場に携わる町田予防衛生研究所のスタッフが綴るブログ。

引き続きぎょう虫検査についてお知らせ

こんにちは 戸田です。

ぎょう虫の検査は、一昨年の4月に公布された「学校保健安全法施行規則の一部を改正する省令(平成26年文部科学省令第21号)」により、健康診断の必須項目ではなくなりました。

その理由の一つとして、衛生環境が改善され、寄生虫卵の検出率が低くなったことが挙げられています。
町田予防衛生研究所で行ったぎょう虫検査の延べ陽性率は、2013年~2015年の3年間で約0.06%でした。

ぎょう虫の特徴の一つとして、強力な感染力があります。
幼児施設で陽性がみられる場合、1人ではなく、集団感染と思われる複数人となることが毎年必ずあります。
ぎょう虫の感染は大人も子供も関係ないので、陽性と判明した人と生活を共にするまわりの方は、一緒に検査・駆虫することをお勧めします。
詳しくは下記ページを参照ください。

衛生のハテナ:ぎょう虫検査?(当社HP)

ちなみに、先日お知らせのとおり、当社では2016年も引き続きぎょう虫卵検査を承っております。

検査は全国から承っているので、お気軽にお問い合わせください。

20160415

ぎょう虫検査

こんにちは営業部の戸田です。

一部よりお問い合わせいただいておりますので、ブログにてお知らせさせていただきます。

当社では2016年も引き続き、ぎょう虫検査を承っております。20160408ぎょう虫検査については、
衛生のハテナ:ぎょう虫検査?(当社HP)
を参照ください。

価格や検査申込みなどはお気軽にお問い合わせください。

北陸新幹線開業の影響で、石川県の食中毒事故数が増えている?

こんにちは広報の戸田です。
ご無沙汰しております。すみません。
暖かくなったり寒くなったり三寒四温な日々がつづきますね。

最近見たニュースで「北陸新幹線開業の影響で、石川県の食中毒事故数が増えている」という記事がありました。
記事によると、

観光客の急増

飲食店や宿泊施設の衛生管理が追い付かない

事故の増加

とのこと。
調べてみると石川県内の食中毒事故は確かに、

平成27年3月14日前の一年間 : 7件(飲食店4件、家庭2件、学校1件)
平成27年3月14日以後の一年間:14件(飲食店5件、宿泊施設3件、弁当関連3件、家庭2件、その他1件)

と倍に増えています(数値は石川県発表資料と当社調べによる)。
さらに先週今週とノロウイルスによる事故が発生しているようです。新幹線の影響かどうかは難しい所ですが、この3月に入って7件もの事故が発生しており、明らかに通常よりも多い傾向にはあるようです。また食品の製造数が思いがけず急激に増えることで、仕入れ管理や、スタッフの個人衛生、仕掛品の管理など衛生管理が通常手順で間に合わないために発生した章句中毒事故事例も多くあります。

この時期は急に暖かくなり、細菌性食中毒のリスクが上がります。一方でノロウイルスの感染症も油断ならない季節です。
また、歓送迎会やお花見など、集団飲食の機会が急激に増える時期です。

皆様におかれましては、くれぐれも油断なきよう衛生管理にお取り組みください!

ではまた来週

食品事業者の5つの基本原則

こんにちは。広報などの担当をしている戸田です。

依然として偽装食品事件は治まらず、今もなおニュースの続報や論説、そして食品事業のさまざまな業界でアクションが起きています。少し週遅れとなってしまい申し訳ありませんが、農林水産省より1月22日に以下の発表がありました。

「食品事業者の5つの基本原則」に関する意見交換会からのメッセージ(農林水産省HP PDF書類:114KB)
「食品事業者の5つの基本原則」(農林水産省HP)

平成20年に食品業界において食品事業者がコンプライアンス意識を高めるための「道しるべ」として策定された「『食品業界の信頼性向上自主行動計画』策定の手引き~5つの基本原則~ 」について、今回の事件を含め、制定後の事件を振り返るとともに、改めて「5つの基本原則」の重要性を発信しています。

食品事業者の5つの基本原則

  • 基本原則1 消費者基点の明確化
    取組方針の消費者への明確化、消費者が必要とする各種情報の提供、安全と品質を確保し続ける必要性の社内への浸透、5つの基本原則に基づく社内取組の点検・検証と改善 等
  • 基本原則2 コンプライアンス意識の確立
    コンプライアンスに関する方針(企業行動規範)の策定、経営者が先頭に立った組織体制(内部通報体制等)の整備、経営者による強い意思の表明、社内教育訓練や研修、内部監査等の実施 等
  • 基本原則3 適切な衛生管理・品質管理の基本
    商品開発・原材料の受入れ・製造・出荷等の各過程における必要な確認・対応、安全を脅かす危害要因の混入防止、適切に実行するためのルールやマニュアルの作成 等
  • 基本原則4 適切な衛生管理・品質管理のための体制整備
    商品開発時の科学的・合理的根拠に基づく賞味期限(消費期限)の設定、品質保証部門(担当者)の設置による品質管理水準の向上、内部監査等の実施、原材料・食品管理やトレーサビリティ確保のためのシステムの整備 等
  • 基本原則5 情報の収集・伝達・開示等の取組
    消費者が必要とする情報の正確でわかりやすい提供、表示や広報・宣伝活動における誤認・誤解のおそれがない表現の使用、消費者相談窓口の設置、食品事故発生時における適切な対応、事故対応マニュアルの整備 等

食品事業者で、上記の着手・強化にお困りの方は、お気軽に当社までご相談ください。

 

ヒスタミンによる食中毒事故

こんにちは広報の戸田です。
食品に関する違法な偽装事件が相次いでいます。しかも信じたくないニュースが相次いでいます。

先日23日に発表されたヒスタミンによる食中毒事故では、売れ残りった冷蔵サンマのすり身を、冷凍で長期保管し、さらに消費期限を張り替えて出荷されたとの事。
突っ込みどころが複数個所ありますが、とりいそぎヒスタミンについてです。

  • ヒスタミン食中毒は、分類上「化学物質によるもの」のひとつです。
  • ヒスタミンは熱に強く、通常の加熱では分解されないため、一度蓄積されてしまうと、食品中から取り除くことは通常できません。
  • ヒスタミンは細菌によって作られますが、その中には低温でも活動する菌が存在します。
  • 冷凍状態では細菌の活動はほぼ停止しますが、解凍されると再び活動を開始します。

衛生管理のポイントや、消費期限・消費期限の設定などはお気軽にお問い合わせください。

ちなみに下図はヒスタミンの構造式です。

20160127

今年もよろしくお願いいたします。

新年明けましておめでとうございます。
広報係のとだです。

本年もスタッフ一同、より皆様のお力になれるよう、より奮起してまいりますので、変らぬご愛顧の程よろしくお願いいたします。

弊社玄関の年始の様子

本日より業務は通常通りとなります。

2016年の町田予防衛生研究所は、イロイロと活発に動いていく予定です。

ご期待ください!

 

皆さま良いお年を!来年もよろしくお願いいたします。

こんにちは。今年最後の更新となります。広報担当の戸田です。
株式会社町田予防衛生研究所の本年中の業務は本日までとなります。
今年も一年皆様本当にありがとうございました。
当社のHPも外観が変わりました。来年は中身も動かしていきます。

本日のニュースによると、全国で感染性胃腸炎が広がりつつあるようです。
年末年始に営業する食品関連施設は年々多くなっていますが、皆様におかれましては、くれぐれも油断なきよう衛生管理にお取り組み下さい。
基本は手洗いです。
なお、年明けは1月5日(火)より営業させていただきます。20151228
来年も、さらに皆様のお力になれるよう、スタッフ一同粉骨砕身大いに努めてまいりますので、今年同様ご愛顧の程よろしくお願いたします。
それでは皆様、良いお年を!

大掃除

メリークリスマス!トダです。

もういくつ寝るとお正月ですね。
当社のあちらこちらで、仕事の間隙を縫うようにして大掃除が始まっております。
日々の清掃では、あまり手を付けない場所を、人員投入して一気に掃除しています。20151225
特にクリスマスのネタではなかったので、ココで豆知識!
クリスマスと言えば生クリーム。
生クリームには成分規格があります。

微生物的には
細菌数:100,000/ml 以下
大腸菌群:陰性

となっています。
その他製造基準や保存基準などもありますので、詳しくはコチラを参照ください。

 

ノロウイルスによる食中毒事故

こんにちは広報の戸田です。

ノロウイルスによる食中毒事故は、現在のところ例年に比べ目に見えて多いということは無さそうです。
シーズン前に新型についてのニュースが流れたことが、良い影響となっているのでしょうか?
しかし、保健所の食中毒事故調査中に、そのまま飲食営業を継続していたというニュースが2件ほどありました。結果として食中毒事故として行政処分が下りましたが、両事例ともある程度大規模な感染が発生しており、疑いといってもかなりクロに近い感じであったと個人的には感じます。
しかもそのうちの一件は、調査期間の最中に事故を再発し被害を拡大させてしまいました。

確かに行政処分が下る前であり、営業すること自体は法律違反ではありませんが、何とも釈然としない複雑な心境となるニュースでした。

いよいよ年末にはいり、飲食の現場は忙しい時期が続きます。
皆様におかれましてはくれぐれも油断なきよう食品衛生管理にお取り組み下さい。

下のイラストは、衛生通信で使われなかったイラストからの1カットです。
まったく今回の話題に関係ありませんが「内部監査をしている様子」です。
20151218

 

ノロウイルス無料講習会

こんにちは広報の戸田です。

さて、先週無事に当社主催によるノロウイルス講習会が終わりました。
20151211
バタバタしたところもありましたが、無事に終えることができました。
非常に多くの皆様にご来場いただきありがとうございました。
会場自体が少々小さく、ご来場いただきました方におかれましては、狭い思いをさせてしまい申し訳ありませんでした。

次回いつ実施するかは、まったくの未定ですが、出席をご希望される方、テーマにリクエストがある方などは、当社営業担当までご一報ください。

ノロウイルスの感染症が広がっています。
皆様におかれましては、くれぐれも気を抜かぬよう食品衛生管理にお取り組み下さい。

ホームページでも様々な情報をご紹介しております。是非ご覧ください。