Image Photo

異物検査(形態学的検査)

検査・サービスのその他のメニュー

寄生虫?

主に食品から検出された寄生虫を鑑別します。寄生虫であった場合には、 その名称や人体に対しての病害性などの情報をご提供致します。寄生虫以外のものであった場合にも、それが何かを鑑別して御報告致します。
報告書には以下に使用しているような画像を添付致します。

四吻条虫(しふんじょうちゅう)の幼虫、四吻条虫の吻の拡大

動物や魚介類には様々な寄生虫がいます。ほとんどの寄生虫は食品に加工される過程で取り除かれますが、 まれに取り除かれなかったものが異物として検出される事があります。 寄生虫には誤って食べたとしても全く無害なものから重大な病害性を持つ物まで多様性に富んでいます。 画像は魚介類に寄生する四吻条虫の幼虫(プレロセルコイド)です。サナダムシの仲間ですが、ヒトに対しての病害性は小さく、人体内で増えたり大きくなる事はありませ。

  • ※四吻条虫(しふんじょうちゅう)の幼虫(左/テンタクラリア、中/ニベリン条虫)四吻条虫の吻の拡大(右/テンタクラリア)
  • テンタクラリア
  • ニベリン条虫
  • 四吻条虫の吻の拡大

鉤頭虫類(ラジノリンクス)

サンマの中に良く見られるオレンジ色の5〜10ミリメートルくらいの寄生虫です。 サンマには普通に見られますが、加熱されていれば食べても無害です。 前述の四吻条虫の仲間も同じですが、生きた虫を食べると吻(ふん)が口の中やのどに引っかかる事があります。この寄生虫も人体内で増えたり大きくなる事はありません。

  • ラジノリンクス

ブリ筋肉線虫(フィロメトロイデス)、ブリ筋肉線虫の体表面の突起

昆虫は混入だけでは無く、しばしば食品の中から大量に発生する事があります。 貯蔵穀類や菓子などの、あらゆる乾燥食品からは蛾の幼虫や各種の甲虫類の発生が見られます。 この画像は紅茶の葉の中に大量に発生したシバンムシの幼虫を採取して定量計測しているところです。 昆虫の発生した食品を一定量採取して、顕微鏡やルーペで観察しながらピンセットで一匹ずつ虫を計測します。

  • ※ブリ筋肉線虫(フィロメトロイデス)(左)、ブリ筋肉線虫の体表面の突起(右)
  • フィロメトロイデス
  • ブリ筋肉線虫の体表面の突起

アニサキス幼虫(アニサキス シンプレックス3期幼虫)、アニサキス幼虫の口部拡大

昆虫の幼虫は一見すると同じように見えるものが多いのですが、顕微鏡で観察するとそれぞれの種類により特徴があります。 画像はサラダに混入した蛾の幼虫の腹脚の爪の拡大です。その数や配列は幼虫の種類により異なります。

  • ※アニサキス幼虫(アニサキス シンプレックス3期幼虫)(左)、アニサキス幼虫の口部拡大(右)
  • ニサキス幼虫(アニサキス シンプレックス3期幼虫)
  • アニサキス幼虫の口部拡大

ザルコシスティス・フェアリー(Sarcocystis fayeri)

原虫と呼ばれる非常に小さな寄生虫の仲間です。
ごく最近まで人に対しての病害性は無いとされていましたが、原因不明の食中毒の発生を調査するうちに、この寄生虫が原因であろうと推測されるにいたりました。ザルコシスティス・フェアリーは馬の筋肉に寄生します。寄生された馬肉を生で食べると、食中毒を起こすことがあります。

馬肉からのザルコシスティス・フェアリーの検査方法

現在確立されている主な検査法は形態学的検査(顕微鏡検査)による方法と遺伝子検査による方法とがあります。
遺伝子検査法は、食用とする筋肉の一部からDNAを取り出し、ザルコシスティスに特有の遺伝子を検出する方法です。
形態学的検査は、筋肉を人工消化液で溶解させて遠心分離、もしくは、そのまま筋肉を薄切りや圧平してザルコシスティスを顕微鏡で観察する方法です。
形態学的検査では、脂肪繊維などの雑物が顕微鏡観察の障害となることから高い技術・技量が必要とされることがありますが、検査に使用できる量が多いために検出感度は遺伝子検査と比較して劣るものではありません。
馬には、Sarcocystis fayeriの他にSarcocystis bertramiの2種類のサルコシスティスの寄生が知られていますが、現在では、遺伝子検査も形態学的検査もこの2種類を分類することはできません。

現株式会社町田予防衛生研究所では、ザルコシスティス属の検査において、従来より行っている顕微鏡検査に加えて、平成24年3月より定性PCR法による遺伝子検査を導入しました。 遺伝子検査および顕微鏡検査ともに「生食用馬肉中のSarcocystis fayeri検査法(暫定法)」(食安監発0823第1号)に準じて行われます。 生食用馬肉等の自主検査にご活用ください。

  • ザルコシスティス・フェアリー

クドア・セプテンプンクタータ(Kudoa septempunctata)

原虫と呼ばれる非常に小さな寄生虫の仲間です。 ごく最近まで人に対しての病害性は無いとされていましたが、原因不明の食中毒の発生を調査するうちに、この寄生虫が原因であろうと推測されるにいたりました。 クドア・セプテンプンクタータはヒラメの筋肉に寄生します。寄生されたヒラメの刺身などを生で食べると食中毒を起こすことがあります。

ヒラメからのクドア・セプテンプンクタータの検査方法

現在確立されている主な検査法は形態学的検査法・遺伝子検査法とがあります。 何れの検査法もヒラメ1匹の特定の部位から筋肉の一部を採取して検査を実施します。 ヒラメには3種類のクドアの寄生が知られていますが、何れの検査法でもクドア・セプテンプンクタータを特定することができます。

  • クドア・セプテンプンクタータ
  • クドア・セプテンプンクタータ

その他の報告書サンプル

関連コンテンツ

メール、電話、もしくはFAXで「異物検査について」とご連絡ください。担当のスタッフが対応致します。

※本ホームページのお問い合わせページからも受け付けております。お問い合わせページはこちらから