Image Photo

ごあいさつ

その他の会社情報

「食の安心・安全」へのひとつひとつの取り組み。
それがハニカム構造のように力強くつなぎ合わさるとき、
ゆるぎない「信頼」が創造されます。

代表取締役 二階堂哲也

近年多発している食品に係わる事件、事故は、単なる食中毒事故だけではなく原材料、産地、賞味期限などの表示に関する事件等、様々な形で起きており、 消費者の「食の安心・安全」への関心は益々高まり監視の目は一層厳しくなりました。

それに伴い事業経営者や管理者の皆様には益々責任が重くなり、気の休まることが少ないのではないでしょうか。 町田予防衛生研究所は、長年にわたり蓄積した衛生管理のノウハウと厚生労働省登録検査機関として高い検査技術と精度を誇りとし、 食品事業者の皆様が何よりも重要とされている「食の安心・安全」への取り組みを、第三者の目として、そしてパートナーとして、バックアップをさせて頂いております。

ハニカム構造(honeycomb構造)とは、蜂の巣に象徴される六角形を組み合わせて作られた構造のことです。面と線をより効率的に結合できる唯一の多角形が六角形だといわれており、 「結合の象徴」とされています。ゆるぎない信頼の上で、人と人がつながり、企業と企業がつながる、それが今、社会に最も求められている大切なことだと思います。 そして、このハニカム構造のような強固なつながりこそが、様々な新しい何かを創造していくのではないかと考えております。町田予防衛生研究所は、 皆様からのどんなご相談にも先ずは耳を傾け柔軟に対応させて頂いております。そうすることで皆様の様々なニーズを知ることができ、 パートナーとして少しでもお役に立てることができると考えているからです。お客様との関係において、そして社会においてハニカム構造のような強いつながりを創造し、 お客様からそして社会から信頼される、そんな企業を目標に町田予防衛生研究所は日々邁進しております。

MHCL makes Safety Your Life.パートナーとして信頼される企業を目指す。
それが、町田予防衛生研究所のビジョンです。

株式会社町田予防衛生研究所
代表取締役 二階堂 哲也

関連コンテンツ

MHCLへのお問合せは、メール、電話でご連絡ください。担当のスタッフが対応致します。

※本ホームページのお問い合わせページからも受け付けております。お問い合わせページはこちらから