Image Photo

腸内細菌検査(検便)

検査・サービスのその他のメニュー

定期的な検便検査も弊社独自の配送システムで、
報告書や容器のお届け先等を細かく指定して頂けます。

検便検査イメージ

サルモネラや腸管出血性大腸菌O157などの病原菌を保有していても、症状が出ていない人を健康保菌者といいます。 健康保菌者が、本人も気がつかないまま調理作業等を行った結果、食中毒事故へと発展してしまうケースが多く見られます。 このような食中毒事故の発生を防ぐためには、定期的に検便検査を受けることが不可欠です。検便検査により、 健康保菌者であるか否かの判断ができ、万が一健康保菌者であった場合には、迅速な対応がとれ、他への感染を防止することができます。

検査項目

赤痢菌 サルモネラ 腸管出血性大腸菌O157 コレラ菌 腸炎ビブリオ カンピロバクター、セレウス菌 黄色ブドウ球菌 その他の腸管出血性大腸菌(O26、O111他) ノロウイルス など

※検便検査で陽性者が出た場合は、責任者の方に緊急連絡をさせて頂きます。

検便容器配送システム

容器イメージ

食品取扱者の健康・衛生管理のために行う検便検査ですが、それを管理する食品企業の担当責任者の方は、 入退職の管理など相応のご苦労をされております。そこでその管理負担を少しでも軽減して頂くために開発したのが、 弊社独自の検便容器袋および配送システムです。様々な業種業態のお客様に対応できるよう創意工夫し、 容器や報告書の送付先の指定など細かいご要望に対応しております。

個人で検便3項目を希望される方

【検便3項目:赤痢、サルモネラ(チフス菌、パラチフスA菌を含む)、O-157】をご希望される方は当社ショッピングサイト「MHCL 食の安全安心ショップ」をご利用下さい。 ご購入後検査キットを送付させていただきます。

MHCL 安全安心ショップはこちらから

検便検査の流れ

検査の流れ

関連コンテンツ

メール、電話、もしくはFAXで「腸内細菌検査(検便)」とご連絡ください。担当のスタッフが対応致します。

※本ホームページのお問い合わせページからも受け付けております。お問い合わせページはこちらから