1. TOP
  2. 各種検査・サービス
  3. 環境衛⽣検査

環境衛⽣検査

環境衛⽣検査でこんなお悩みありませんか?

調理器具・⼿指の
汚染度を知りたい

環境中の微⽣物の
状況を知りたい

洗浄・消毒による
効果を確認したい

このサービスは
⾷品の製造加⼯や調理等の衛⽣管理に最適なサービスです

原材料由来の微⽣物汚染を⼀次汚染といい、製造加⼯や調理等の環境由来の微⽣物汚染を⼆次汚染といいます。⾷品には環境中の微⽣物が直接または間接的に付着しておりますので、環境からの微⽣物汚染対策に⽤いられます。

拭き取り検査

拭き取り検査

厨房内の設備・器具や、調理従事者の⼿指等の洗浄度や汚染度を検査する場合に⾏われます。対象を綿棒で拭き取り、環境中に存在する微⽣物を計測します。

ノロウイルス拭き取り検査

ノロウイルス拭き取り検査

トイレや手洗い設備など、環境に付着しているノロウイルスの有無を確認することができます。
ノロウイルス食中毒の大半は下痢等の自覚症状のない健康な調理従事者(不顕性感染者)が要因になっていることが分かっています。環境中のノロウイルス汚染状況の把握は、感染予防や拡大防止に効果的です。
検査方法は、精度の高いリアルタイムRT-PCR法で行います。
とくに流行期(冬場など)に定期的に汚染度を確認することで、ノロウイルスの対策に役立ちます。

落下菌検査

落下菌検査

空気中には多くの微⽣物が浮遊しています。それらは直接または間接的に⾷品に付着して、⾷品の腐敗・変敗の⼀因となります。
落下菌検査で空中浮遊菌を検査し,その環境の清潔度を評価します。

⽔質検査

⽔質検査

飲料⽔として、⽔道法の基準に適合しているかを検査し、安全性を保証するための検査となります。信頼ある外部機関に検査委託しております。

おしぼり検査

おしぼり検査

厚⽣労働省より「貸おしぼりの衛⽣確保について」が通知されており、以下のような衛⽣基準になっています。「変⾊及び異臭がないこと、⼤腸菌群が検出されないこと、⻩⾊ブドウ球菌が検出されないこと、⼀般細菌数は、1枚当たり10万個を超えないことが望ましい。」定期的な検査を⾏い、微⽣物の状態を確認することが必要となります。

学校関連(⽔質・空気)

学校関連(⽔質・空気)

⽔質検査は、学校環境衛⽣の基準により、「⽔道⽔を原⽔とする飲料⽔(専⽤⽔道を除く)については毎学年1回定期に⾏う。」とあります。
空気の検査は、同基準により、「ホルムアルデヒド及び揮発性有機化合物については、毎学年1回定期に⾏う。」とあります。定期的に実施し、モニタリングすることが⼤切です。

砂検査

砂検査

保育園・幼稚園や公園の砂場の汚染度を調べる検査になります。
⼤腸菌群・⼤腸菌および回⾍卵の有無を検査します。

浴槽⽔検査

浴槽⽔検査

不特定多数の⼈が⼊浴する浴槽の検査として、感染症を引き起こすレジオネラ属菌が最も重要視されています。感染により死に⾄るリスクも⼗分にあるため、定期的な検査が必要になってきます。
レジオネラ防⽌指針、公衆浴場法等に基づき検査を実施いたします。

特徴

特徴1

⾼品質⾼精度

⾷品衛⽣法に基づく登録検査機関および試験所の能⼒に関する国際規格であるISO/IEC 17025:2017の認定を取得しており、⾼品質⾼精度な検査結果をお出しすることができます。
また、外部精度管理および内部精度管理も計画的に実⾏しており、定期的な検査精度の確認を⾏っています。

⾼品質⾼精度
Webを利⽤したリアルタイムな通知体制
特徴2

Webを利⽤したリアルタイムな通知体制

当社独⾃のWebサービスである「MHCL e-Service」により、タイムリーな検査結果の通知、成績書のダウンロードが可能で、郵送によるタイムラグがなくなります。また、紙ではなくデータのため、ファイリングの⼿間や検査履歴の検索時間を削減でき、結果の管理が楽になります。

特徴3

提案⼒

検査対象の性質や流通過程を加味し、お客様のご要件・ご要望にあった最適な検査項⽬や検査頻度などをご提案できます。
お客様に寄り添ったプランによって、リスクの低減と経済性を両⽴させます。

提案⼒

環境衛⽣検査について
詳しく知りたい⽅はこちら

ご利⽤の流れ

お問い合わせ
電話またはホームページからお問い合わせください。
ご提案
ご相談内容より検査種類・検査項⽬をご提案させていただきます。
検査申込
電話・FAXまたはWeb上からお申込みいただけます。
検体発送
対象の検体を当社へお送りいただきます。
検査
当社に到着後、検査を実施させていただきます。
結果
検査結果は当社Web閲覧サービス「MHCL e-Service」にアップロードされます。

よくある質問

拭き取り個所はどこがいいですか?
調理作業員がよく触る場所が汚染しやすいのでおすすめします。
環境中の真菌数を調べられますか?
落下菌検査をおすすめします。
浴槽⽔のレジオネラ菌の基準はありますか?
公衆浴場における⽔質基準等に関する指針にて10CFU/100mL未満と定められています
→公衆浴場における⽔質基準等に関する指針(厚⽣労働省)

環境衛⽣検査の重要性

施設およびその周辺環境の衛⽣管理は、危害要因を含むすべての汚染の混⼊を効果的にコントロールするのに重要です。
これらの環境衛⽣検査を⾏わないことで、施設および周辺環境の危害要因の⾒える化ができず、適切な衛⽣管理を⾏うことができなくなります。

環境衛⽣検査について
詳しく知りたい⽅はこちら

商品やサービスの各種お問い合わせ

お見積や注文依頼なども承っております。

食品衛生のお役立ち掲示物

現場ですぐに使える
「食品衛生のお役立ち掲示物」
をご用意しております。

無料相談

ご不明な点などございましたら
お気軽にお問合わせください。

サービスに関するお問い合わせ

よくいただく質問と
その回答をご用意しました。