1. TOP
  2. 各種検査・サービス
  3. ⾷品理化学検査

⾷品理化学検査

⾷品理化学検査でこんなお悩みありませんか?

⾷品の物性(品質)
数値で管理したい

レシピを
数値化したい

油の劣化
確認したい

このサービスは
商品開発や品質管理を⾏う
お客様に最適なサービスです

品質管理に役⽴つ⾷品の状態や劣化を数値的に調べます。

pH

pH

⾷品中の⽔素イオン濃度を⽰す値です。pH値が普段より異常に⾼い、または低くなっている場合、その味が損なわれていることや、製造過程に何らかの問題があった事が予測できます。
また、微⽣物には発育・増殖に適したpH域があり、その範囲外では活動が抑制されます。特定の⾷品において規格基準が定められています。

⽔分活性

⽔分活性

⾷品中の⽔分のうち、微⽣物が利⽤できる⾃由⽔の割合を⽰す値です。
腐敗や⾷中毒の原因となる細菌やカビは、⾷品中で発育・増殖するためには⾃由⽔が必要となります。測定した⽔分活性値から⾷品中で発育・増殖し得る細菌やカビ等を予測することができます。特定の⾷品において規格基準が定められています。

ヒスタミン

ヒスタミン

ヒスタミンは、⿂介類に含まれる遊離ヒスチジンから細菌の脱炭酸酵素の作⽤により⽣成されます。ヒスタミン⾷中毒は、ヒスタミンが⾼濃度に蓄積された⾷品、特に⿂類及びその加⼯品を⾷べることにより発症します。弊社では、ヒスタミン⾷中毒の原因であるヒスタミンの検査を承っております。

糖度

糖度

⾷品中の可溶性固形物の割合を⽰す値です。糖度の値から⾷品の味に関する情報を得ることができます。

酸度

酸度

⾷品の酸度を計る検査です。

油脂酸化

油脂酸化

油脂の劣化を評価するための理化学的指標の⼀つです。

過酸化物価

過酸化物価

⾷品に含まれる油脂が、空気中の酸素により酸化し、⽣成した過酸化脂質の量を測定するのが過酸化物価です。
油脂の劣化を評価するための理化学的指標の⼀つです。

特徴

特徴1

⾼品質⾼精度

⾷品衛⽣法に基づく登録検査機関および試験所の能⼒に関する国際規格であるISO/IEC 17025:2017の認定を取得しており、⾼品質⾼精度な検査結果をお出しすることができます。
また、外部精度管理および内部精度管理も計画的に実⾏しており、定期的な検査精度の確認を⾏っています。

⾼品質⾼精度
Webを利⽤したリアルタイムな通知体制
特徴2

Webを利⽤したリアルタイムな通知体制

当社独⾃のWebサービスである「MHCL e-Service」により、タイムリーな検査結果の通知、成績書のダウンロードが可能で、郵送によるタイムラグがなくなります。また、紙ではなくデータのため、ファイリングの⼿間や検査履歴の検索時間を削減でき、結果の管理が楽になります。

特徴3

提案⼒

検査対象の性質や流通過程を加味し、お客様のご要件・ご要望にあった最適な検査項⽬や検査頻度などをご提案できます。
お客様に寄り添ったプランによって、リスクの低減と経済性を両⽴させます。

提案⼒

⾷品理化学検査について
詳しく知りたい⽅はこちら

ご利⽤の流れ

お問い合わせ
電話またはホームページからお問い合わせください。
ご提案
ご相談内容より検査種類・検査項⽬をご提案させていただきます。
検査申込
電話・FAXまたはWeb上からお申込みいただけます。
検体発送
対象の検体を弊社へお送りいただきます。
検査
弊社に到着後、検査を実施させていただきます。
結果
検査結果は弊社Web閲覧サービス「MHCL e-Service」にアップロードされます。

ヒスタミンによる⾷中毒

ヒスタミンによる⾷中毒は、ヒスタミンが⾼濃度に蓄積された⾷品、特に⿂類及びその加⼯品を⾷べることにより、アレルギー症状に類似した中毒症状が⾒られます。アミノ酸の⼀種であるヒスチジンにヒスタミン産⽣菌の酵素が作⽤し、ヒスタミンに変換されることにより⽣成します。
ヒスタミンは熱に安定であり、また調理加⼯⼯程で除去できないため、ヒスタミンを⽣成させないようにするためには温度管理し、ヒスタミン産⽣菌の増殖と酵素作⽤を抑える必要があります。流通過程でのヒスタミンの産⽣を確認し、ヒスタミンによる⾷中毒を防ぐためには、ヒスタミン検査が有効です。

⾷品理化学検査について
詳しく知りたい⽅はこちら

商品やサービスの各種お問い合わせ

お見積や注文依頼なども承っております。

食品衛生のお役立ち掲示物

現場ですぐに使える
「食品衛生のお役立ち掲示物」
をご用意しております。

無料相談

ご不明な点などございましたら
お気軽にお問合わせください。

サービスに関するお問い合わせ

よくいただく質問と
その回答をご用意しました。