1. TOP
  2. 各種検査・サービス
  3. ⾷品微⽣物検査

⾷品微⽣物検査

⾷品微⽣物検査でこんなお悩みありませんか?

⾃社商品の
安全性を確認したい

賞味・消費期限
設定⽅法が分からない

⾷品を⾷べたお客様から
苦情があった

このサービスは
⾷品・⾷材の衛⽣状態の確認⾷中毒菌の有無等の確認
また、賞味・消費期限や使⽤期限の設定または検証を⾏うために
最適なサービスです。

⾷品中の微⽣物を定量的もしくは定性的に調べ、⾷品の安全性を確認できます。また、賞味・消費期限や使⽤期限を設定するための保存検査や、異常時検査に最適なサービスです。

製品検査

製品検査

⾷品中の微⽣物を定量的もしくは定性的に調べます。主に⾷品の衛⽣状態を把握する衛⽣指標菌(⼀般細菌数・⼤腸菌群など)と、⾷中毒に係るリスクを評価する⾷中毒菌(⻩⾊ブドウ球菌、サルモネラ菌、腸炎ビブリオ、リステリア菌など)とを組み合わせて検査し評価します。⾷品によっては⾷品衛⽣法や衛⽣規範などで、明確に基準が設けられている項⽬もあります。

保存検査

保存検査

賞味・消費期限の設定のために⽤いられる検査で、これらの設定には科学的な根拠が必要になります。弊社では、⼀定の温度で保存し、⾷品の微⽣物や劣化物質の変化を経時的に観察する保存検査を⾏っております。

異常時検査

異常時検査

異常検体の依頼があった場合、様々な側⾯から検体の内容を確認し、異常の原因が何かという仮説を⽴てます。その仮説を実証するために、検査項⽬を設定し、結果から仮説を絞っていき原因の特定に向けて検査します。また、⽐較品(同ロット、別ロット)を検査することによって異常の範囲を限定することができます。

ISO17025検査

ISO17025検査

試験所・校正機関が正確な測定・校正結果を⽣み出す能⼒の有無を、権威ある第三者認定機関が認定する国際規格です。弊社では、ISO17025の認定を受けており、正確かつ信頼性のある検査結果を安定してご報告することができます。
近年、国際的な取引はもちろん、国内での取引にもその需要は⾼まってきており、試験所・校正機関の品質・能⼒の証明には⽋かせない国際規格となっています。

登録検査機関業務

登録検査機関業務

⾷品の細菌学的検査において厚⽣労働省登録検査機関として登録されております。この登録により⾏政の検査命令による検査や輸⼊に係る⾃主検査において、微⽣物検査を承ることができます。

特徴

特徴1

⾼品質⾼精度

⾷品衛⽣法に基づく登録検査機関および試験所の能⼒に関する国際規格であるISO/IEC 17025:2017の認定を取得しており、⾼品質⾼精度な検査結果をお出しすることができます。
また、外部精度管理および内部精度管理も計画的に実⾏しており、定期的な検査精度の確認を⾏っています。

⾼品質⾼精度
Webを利⽤したリアルタイムな通知体制
特徴2

Webを利⽤したリアルタイムな通知体制

当社独⾃のWebサービスである「MHCL e-Service」により、タイムリーな検査結果の通知、成績書のダウンロードが可能で、郵送によるタイムラグがなくなります。また、紙ではなくデータのため、ファイリングの⼿間や検査履歴の検索時間を削減でき、結果の管理が楽になります。

特徴3

提案⼒

検査対象の性質や流通過程を加味し、お客様のご要件・ご要望にあった最適な検査項⽬や検査頻度などをご提案できます。
お客様に寄り添ったプランによって、リスクの低減と経済性を両⽴させます。

提案⼒

⾷品微⽣物検査について
詳しく知りたい⽅はこちら

ご利⽤の流れ

お問い合わせ
電話またはホームページからお問い合わせください。
ご提案
ご相談内容より検査種類・検査項⽬をご提案させていただきます。
検査申込
電話・FAXまたはWeb上からお申込みいただけます。
検体発送
対象の検体を弊社へお送りいただきます。
検査
弊社に到着後、検査を実施させていただきます。
結果
検査結果は弊社Web閲覧サービス「MHCL e-Service」にアップロードされます。

よくある質問

検体の受⼊れ時間を教えてください。
宅配便を利⽤される場合は、平⽇の午前着指定でお送りください。弊社に持ち込まれる場合は、平⽇の9時から16時までの間にお持ち込みください。(年末年始を除く)
⾷中毒菌が検出された場合の対策が知りたい。
食中毒菌 特徴 主な原因(食品、器具) 対策
黄色ブドウ球菌
  • 人の皮膚や毛髪などに常在する
    (傷や化膿巣、手荒れに特に多く潜む)
  • 食品中で熱に強い毒素を作る
  • 調理従事者の汚染によりあらゆる食品、調理器具が原因となりえる
  • 手指に傷や化膿巣、手荒れのある人は素手で調理をしない
  • 普段からハンドクリーム等を活用して手荒れのケアを行う
  • 手指や調理器具の十分な洗浄・殺菌する
  • 調理のときは帽子、マスク、手袋を着用する
  • 食品は10℃以下で保管する
サルモネラ
  • 牛、豚、鶏など動物の腸管内や自然界に広く生息する
  • 十分な加熱調理で死滅する
  • 牛、豚、鶏などの食肉
  • うなぎ、スッポン
  • 調理従事者の汚染によりあらゆる食品、調理器具が原因となりえる
  • 食材は中心部まで十分に加熱調理する
  • 食材間の相互汚染を防ぐ
  • 卵や食肉に触れた手指や調理器具はそのつど洗浄・消毒する
  • 卵の割り置きをしない
  • 卵・食肉の生食をしない(自身が感染しないため)
腸管出血性大腸菌
(O157、O26、O111)
など
  • 牛、豚など動物の腸管内に生息する
  • 十分な加熱調理で死滅する
  • 少量の菌数でも食中毒を起こす
  • 食肉(特にハンバーグ、成型肉など)
  • 生食肉(レバー、ユッケなど)
  • 生肉や調理従事者の汚染によりあらゆる食品、調理器具が原因となりえる
  • 食材は中心部まで十分に加熱調理する
  • 食材間の相互汚染を防ぐ
  • 食肉に触れた手指や調理器具はそのつど洗浄・消毒する
  • 食肉の生食をしない(自身が感染しないため)
腸炎ビブリオ
  • 海に生息する(塩分に強い)
  • 真水や酸に弱い
  • 十分な加熱調理で死滅する
  • 室温で急激に増殖する
  • 魚介類(刺身、寿司、魚介加工品など)
  • 魚介類は短時間でも室温に置かず冷蔵庫に入れる
  • 魚介類は真水でよく洗う
  • 魚介類に触れた手指や調理器具はそのつど洗浄・消毒する
料⾦を教えてください。
検体数、検査項⽬、検査種類等によって異なりますので、お問い合わせください。

⾷中毒事故を起こしてしまうと

⾷中毒事故を起こしてしまうと、お客様の信頼を失うだけでなく、⺠事上の責任として、⺠法やPL法に基づいて被害者から損害賠償を請求されることや、刑事上の処分として、⾷品衛⽣法違反で3年以下の懲役または300万円以下の罰⾦に処せられる可能性があります(⾷品衛⽣法71条)。また、業務上必要な注意を怠り、⼈を死傷させたことになれば5年以下の懲役若しくは禁錮⼜は100万円以下の罰⾦に処せられる可能性があります(刑法第211条)。このような場合には、事業継続が困難になります。

⾷品微⽣物検査について
詳しく知りたい⽅はこちら

商品やサービスの各種お問い合わせ

お見積や注文依頼なども承っております。

食品衛生のお役立ち掲示物

現場ですぐに使える
「食品衛生のお役立ち掲示物」
をご用意しております。

無料相談

ご不明な点などございましたら
お気軽にお問合わせください。

サービスに関するお問い合わせ

よくいただく質問と
その回答をご用意しました。