MHCL WORKS LABO

  1. TOP
  2. MHCL WORKS LABO
  3. お知らせ
  4. 当社顧問 野田衛先生からのコメント 聖火リレーを終え

当社顧問 野田衛先生からのコメント 聖火リレーを終え

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当社顧問 野田衛先生による広島での聖火リレー後のコメントを掲載いたします。

野田衛先生

野田衛先生

麻布大学 客員教授
国立医薬品食品衛生研究所 客員研究員
公益社団法人日本食品衛生協会 学術顧問
町田予防衛生研究所 顧問



「両親も被爆しましたし 皆さんも被爆してましたので
その思いを伝えるという意味では
平和記念公園で走れたことはよかったというふうにも思っています
受け継ぐときは命をありがとう
そして渡す時には命をよろしくお願いします
という想いで渡すことができました」

掲載ページ、動画はこちらから
>>NHK 聖火ランナー
>>Yahoo! JAPAN 聖火リレーデイリーハイライト(配信期間が終了しました)


 

 
聖火リレーへの志望動機
長崎で医学生をしていた父は、実家(広島市竹屋町)のある広島に原爆が投下された悲報を聞き、電車で広島に向った矢先に長崎で被爆しました。多くの同級生の方が爆死した中、九死に一生を得た父の命を私は受け継ぐことができました。父の恩師の名前(まもる)をいただいた私は、原爆で医師への道を断念した父のこともあり、人を「まもる」仕事がしたいと、感染症や食中毒から人を守るための研究に従事しました。25年間広島市役所で感染症や食中毒予防に関する研究に従事していましたが、広島の特産である牡蠣の衛生対策のお手伝いがしたいと、上京し、国立医薬品食品衛生研究所で11年間研究に従事。2018年3月の定年退職後も、これまでの経験を活かし、牡蠣の更なる振興のお手伝いをさせていただいています。著書に「ノロウイルスからまもる」があります。平和や戦争、感染症や食中毒から人を守るのは人です。その思いを次世代につないでいきたいです。

引用 NHK 聖火ランナー

 

町田予防衛生研究所について

食品衛生のお役立ち掲示物ダウンロード

現場ですぐに使える「食品衛生のお役立ち掲示物」をご用意しております。
ダウンロードして印刷すれば、すぐにご利用いただけます。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

商品やサービスの各種お問い合わせ

お見積や注文依頼なども承っております。

食品衛生のお役立ち掲示物

現場ですぐに使える
「食品衛生のお役立ち掲示物」
をご用意しております。

無料相談

ご不明な点などございましたら
お気軽にお問合わせください。

サービスに関するお問い合わせ

よくいただく質問と
その回答をご用意しました。