MHCL WORKS LABO

  1. TOP
  2. MHCL WORKS LABO
  3. 衛生のハテナ
  4. 食品検査について

食品検査について

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

食品検査

食品検査とは、さまざまな食品やその原材料などの成分・機能を調べたり、衛生状態を確認するために行う検査です。
私たちが普段食べている食品には、まず、安全性が確保されていることが必要です。そのために原材料の生産から加工、調理・製造、配送や保管、販売の各過程で必要な管理と検査が行われています。
また、万が一食中毒事故が起こってしまった際には原因究明のために検査が行われます。その他、食品の品質保持期間を科学的に把握するための検査も行われています。
食品検査は、食の安全・安心のために欠かすことのできない検査です。
(ここでは、当社で行う主な検査項目を簡単にご紹介します。)

 

 

食品微生物検査

食品微生物検査は、食品中の微生物を定量的もしくは定性的に調べ、食品の安全性を確認できます。また、賞味・消費期限や使用期限を設定するための保存検査や、異常時の原因分析にも最適な検査です。

食品微生物検査で解決できること

  • 自社商品の安全性を確認したい
  • 賞味・消費期限の設定方法が分からない
  • 食品を食べたお客様から苦情があった

 

1. 品質検査

 >>食品微生物検査のページへ

食品中の微生物を定量的もしくは定性的に調べます。主に食品の衛生状態を把握する衛生指標菌(一般細菌数・大腸菌群など)の検査と、食中毒に係るリスクを評価する食中毒菌(黄色ブドウ球菌、サルモネラ菌、腸炎ビブリオ、リステリア菌など)の検査があります。原材料や調理方法・保管条件等により、リスクのある項目や管理する項目を選択します。

2. 保存検査

 >>食品微生物検査のページへ

賞味・消費期限の設定には科学的な根拠が必要です。保存条件を定め、その条件下で一定期間保存したものについて、微生物検査や理化学検査・官能検査等により、十分に品質保持できる期間を評価します。

3. クレームの原因分析

 >>食品微生物検査のページへ

食品クレームの原因分析では、官能検査でより詳細な異常の状態を確認したり、異物そのものを検査して混入経路の推定につなげたりします。クレーム品と比較品を同時に検査して、原因を特定することもあります。

4. 試験所認定

 >>食品微生物検査のページへ

試験所・校正機関が正確な測定・校正結果を生み出す能力があることを認定する国際規格ISO/IEC17025:2017の範囲内で実施する検査です。正確かつ信頼性のある検査結果を安定してご報告します。証明書としてご利用できます。
近年、国際的な取引はもちろん、国内での取引にもその需要は高まってきており、試験所の品質・能力の証明には欠かせない国際規格となっています。

5. 登録検査機関としての検査受託

 >>食品微生物検査のページへ

食品の細菌学的検査において厚生労働省登録検査機関として登録されております。行政の命令による検査や輸入に係る自主検査において、微生物検査を承ります。

6. 食品中の寄生虫検査

 >>食品中の寄生虫検査のページへ

食中毒の原因になる寄生虫は、寄生虫が寄生している宿主や寄生虫が付着している食品を摂取することによって感染します。日本人は生食(特に魚介類)を好む文化があるため十分な注意が必要です。

 

食品理化学検査

食品理化学検査は、商品開発や品質管理を行うお客様に最適な検査です。
品質管理に役立つ食品の状態や劣化を数値的に調べます。

食品理化学検査で解決できること

  • 食品の物性(品質)を数値で管理したい
  • レシピを数値化したい
  • 油の劣化を確認したい

 

1. pH

 >>食品理化学検査のページへ

食品中の水素イオン濃度を示す値です。pH値が普段より異常に高い、または低くなっている場合、その味が損なわれていることや、製造過程に何らかの問題があった事が予測できます。 また、微生物には発育・増殖に適したpH域があり、その範囲外では活動が抑制されます。特定の食品において規格基準が定められています。

2. 水分活性

 >>食品理化学検査のページへ

食品中の水分のうち、微生物が利用できる自由水の割合を示す値です。 腐敗や食中毒の原因となる細菌やカビは、食品中で発育・増殖するためには自由水が必要となります。測定した水分活性値から食品中で発育・増殖し得る細菌やカビ等を予測することができます。特定の食品において規格基準が定められています。

3. ヒスタミン

 >>食品理化学検査のページへ

ヒスタミンは、魚介類に含まれる遊離ヒスチジンから細菌の脱炭酸酵素の作用により生成されます。ヒスタミン食中毒は、ヒスタミンが高濃度に蓄積された食品、特に魚類及びその加工品を食べることにより発症します。当社では、ヒスタミン食中毒の原因であるヒスタミンの検査を承っております。

4. Brix値

 >>食品理化学検査のページへ

食品中の可溶性固形物の割合を示す値です。Brix値の値から食品の味に関する情報を得ることができます。

5. 酸度

 >>食品理化学検査のページへ

食品の酸度を計る検査です。

6. 酸価・過酸化物価(AV・POV)

 >>食品理化学検査のページへ

食品に含まれる油脂が空気中の酸素によって酸化した時に生成される過酸化物の量はPOV(過酸化物価)で示されます。
さらに過酸化物が分解されてできた脂肪酸の量を示すのがAV(酸価)です。
これらは油脂の劣化を評価するための理化学的指標で、数値が高いほど劣化が進行していることを示します。

7. 栄養成分分析

 >>栄養成分分析のページへ

2020年4月1日より、新たな食品表示制度が完全施行となり、容器包装に入れられた一般用加工食品及び添加物には栄養成分表示が義務化されました。表示する値には、分析値、計算値、参照値、もしくはこれらの併用値がありますが、当社は実測値である分析値をお勧めしております。

8. 食品アレルギー物質検査

 >>食品アレルギー物質検査のページへ

食物アレルギーを引き起こす食品原材料として、表示義務7品目、表示推奨21品目があります。(2019年12月現在)調理・製造過程でのコンタミネーション、キャリーオーバー等による不慮の混入の有無を確認するために、定期的な検査をお勧めします。

9. 重金属検査

 >>その他有害物質検査のページへ

重金属は、人の健康に悪影響を及ぼす可能性のある有害化学物質です。当社では、食品中に含まれている重金属類(鉛,カドミウム,ヒ素,水銀など)の検査を行うことが可能です。

10. 残留農薬検査

 >>その他有害物質検査のページへ

食品に残留してしまう農薬・飼料添加物・動物用医薬品には、残留基準が設定されています。農薬などが基準値を超えて残留する食品の販売、輸入などは、食品衛生法により、禁止されています(いわゆる「ポジティブリスト制度」)。

11. カビ毒検査

 >>その他有害物質検査のページへ

カビ毒とは、食品に付着・混入したカビが産生する、人の健康に悪影響を及ぼす物質です。食品中のカビ毒の規制値も食品衛生法によって定められています。

12. 放射性物質検査

 >>その他有害物質検査のページへ

食品群ごとに放射性物質に関する基準が異なり、放射性セシウムとして、飲料水は10Bq/kg、牛乳と乳児用食品は50Bq/kg、一般食品は100Bq/kgとなっており、これらの基準値以下である必要があります。

 

異物検査

本来その食品に混入してはいけないものは「異物」と称されます。異物検査を行うことで、異物混入の原因、過程を推察することが可能で、再発防止や防止対策の一助となります。異物混入の防止対策としては、混入しないような体制作りや、日々の衛生管理の運用および強化、作業者への教育が重要です。

異物検査で解決できること

  • 苦情品の異物が何かを知りたい
  • 異物が混入した要因が知りたい
  • 苦情品が人体に影響を及ぼすことがないか不安である
 >>異物検査のページへ

 

以上が主な食品検査の項目となります。

食品の安全性を確認するため、目的に適した検査を実施していただけるよう、町田予防衛生研究所もお手伝いさせていただきます。

検査等の料金が知りたい方はこちら

検査等の料金が知りたい方はこちらからどうぞ。

料金ページへ

ご質問やお問い合わせはこちら

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせページへ

 

資料ダウンロードバナー

ご紹介した検査・サービス

LINE公式アカウントを友だち追加!!

町田予防衛生研究所では、食の安全に興味・関心をお持ちの方々に、有用な情報を発信しています。

食品に携わる方々が、「好きな時間に」「簡単に」「短時間で」食の安全・安心に関する知識を得るられることを目指して運営しています。
電車での移動中などのスキマ時間にご利用いただけるように、ぜひ【友だち追加】をしてください。

友だち追加

LINE友だち募集バナー

食品衛生のお役立ち掲示物ダウンロード

現場ですぐに使える「食品衛生のお役立ち掲示物」をご用意しております。
ダウンロードして印刷すれば、すぐにご利用いただけます。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

商品やサービスの各種お問い合わせ

お見積や注文依頼なども承っております。

食品衛生のお役立ち掲示物

現場ですぐに使える
「食品衛生のお役立ち掲示物」
をご用意しております。

無料相談

ご不明な点などございましたら
お気軽にお問合わせください。

サービスに関するお問い合わせ

よくいただく質問と
その回答をご用意しました。