MHCL WORKS LABO

  1. TOP
  2. MHCL WORKS LABO
  3. 衛生のハテナ
  4. 家庭でのノロウイルス対策

家庭でのノロウイルス対策

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「家庭でのノロウイルス対策」について、多くお問い合わせ頂いております。
そこで今回、非常に簡単ではありますが、家庭で気をつけるポイントについて掲載します。

家庭でのノロウイルス対策

食品取扱者はもちろんのこと、保育園や老人ホームなど、集団感染リスクのある職場で働く人は、「職場にウイルスを持ち込まない」事も重要です。
家庭内で感染し、職場に広げてしまうケースもみられます。家族に感染が疑われる症状が現れた場合は、以下の対策を行いましょう。

洗濯物


ノロウイルス感染者のおう吐物や便には大量のノロウイルスが含まれています。
感染が疑われる家族の洗濯物は他のものとは一緒に洗わないようにしましょう。
汚染のおそれがある洗濯物は、出来れば次亜塩素酸系消毒液への漬けこみや、煮沸消毒などにより、ウイルスを失活させましょう。
十分に失活されていない場合、洗濯物を干した際にウイルスが拡散する可能性があります。

トイレ


ノロウイルス対策の基本は手洗いです。トイレの後はしっかりと手洗いをしましょう。
そしてノロウイルス感染者の用便後は、キチンと換気をしましょう。
手拭きタオルなど、ノロウイルス感染者と共用は避け、トイレのノブや、ドアノブ、水道の蛇口等は次亜塩素酸系消毒液や熱湯による加熱などでこまめに消毒しましょう。

お風呂


ノロウイルス感染者と湯船を共にすることで感染する可能性があります。
感染者は出来れば最後に入浴するようにして、湯につかる前はお尻をしっかり洗いましょう。
お風呂の水は入れ替えるようにし、体を洗うタオルやバスタオルの共用は避けましょう。

ノロウイルスを失活化させる

ノロウイルスを完全に失活化する方法として、
○85℃以上で1分以上の加熱
○次亜塩素酸ナトリウム(塩素濃度約200ppm)で消毒
が有効であるとされています。 塩素系消毒剤は、金属類を腐食したり、有害な塩素ガスを放出することがあります。 消毒に使用する場合は、商品に記載してある使用方法をよく確認しましょう。 また、素手で扱わないようにし、使用後に水拭きするなど、消毒成分が残らないようにしましょう。

食品衛生のお役立ち掲示物ダウンロード

現場ですぐに使える「食品衛生のお役立ち掲示物」をご用意しております。
ダウンロードして印刷すれば、すぐにご利用いただけます。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

商品やサービスの各種お問い合わせ

お見積や注文依頼なども承っております。

食品衛生のお役立ち掲示物

現場ですぐに使える
「食品衛生のお役立ち掲示物」
をご用意しております。

無料相談

ご不明な点などございましたら
お気軽にお問合わせください。

サービスに関するお問い合わせ

よくいただく質問と
その回答をご用意しました。