MHCL WORKS LABO

  1. TOP
  2. MHCL WORKS LABO
  3. 衛生のハテナ
  4. 鶏肉による食中毒について カンピロバクターには特に注意!

鶏肉による食中毒について カンピロバクターには特に注意!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
食品衛生ハンドブックバナー

鶏肉は日本の食生活に欠かせない食材であり、肉類では最も消費量が多く、1人当たり年間12.6キログラムを消費しています(農林水産省 特集1とり(1))。一方で、鶏肉やその内臓(レバーなど)、それらの調理品を原因食材とする食中毒は毎年多く発生しており、注意が必要な食材でもあります。この記事では鶏肉やその内臓(レバーなど)、それらの調理品に関する食中毒の「主な原因物質」「注意すべきポイント」などをまとめています。
適切な取り扱いにより食中毒を予防しましょう。



ご相談バナー


事件数の原因物質別ランキングはこちらです。
>>事件数が多い食中毒ランキング
患者数の原因物質別ランキングはこちらです。
>>患者数が多い食中毒ランキング
死者数の原因物質別ランキングはこちらです。
>>死者数が食中毒ランキング


▼調理現場ですぐに使える学べる資料▼

1. 鶏肉や鶏の内臓肉(レバーなど)、それらの調理品を原因食材とする食中毒

健康な家きん(鶏、うずら、あひる、きじ、ホロホロ鳥、七面鳥等)であっても、腸管内などにカンピロバクター属菌やサルモネラ属菌などの食中毒菌を保有している場合があります。カンピロバクター属菌やサルモネラ属菌に汚染された鶏肉などを喫食することにより食中毒が発生します。

食鳥処理の技術ではこれらの食中毒菌を100%除去することは困難であり、鶏肉や内臓から高頻度で検出されます。そのため、食肉を十分に加熱調理(中心部を75℃以上で1分間以上加熱)することが重要です。

また、調理後あるいは調理中での二次汚染防止のために、「食肉は他の食品と調理器具や容器を分けて処理や保存を行う」「食肉を取り扱った後は十分に手を洗ってから他の食品を取り扱う」「食肉に触れた調理器具等は使用後洗浄・殺菌を行う」などを実行することが重要です。


<カンピロバクター・ジェジュニ/コリ>

カンピロバクター・ジェジュニ/コリによる食中毒は、少ない菌数で発症するとされており、加熱不足の食品を提供した場合には、食中毒事故につながりやすいといえます。

カンピロバクター属菌の特徴や予防方法は以下をご覧ください。
>>「カンピロバクター食中毒の症状や特徴、予防方法について
カンピロバクター食中毒のリスクを見える化するには
>>食品微生物検査のページへ
当社をご利用いただいているお客様の声をご紹介します。
>>お客様の声のページへ


<サルモネラ属菌>

サルモネラ属菌は多くの家畜や動物の体内に生息し、乾燥に強い菌です。
特に鶏肉や鶏卵の加熱不足や生食が発症の原因となることが多いとされます。

サルモネラ属菌の特徴や予防方法は以下をご覧ください。
>>「サルモネラ食中毒の症状や特徴、予防方法について
サルモネラ食中毒のリスクを見える化するには
>>食品微生物検査のページへ
当社をご利用いただいているお客様の声をご紹介します。
>>お客様の声のページへ

食品衛生検査のページを開きます

 



【主な原因物質】

2015年から2019年の5年間において、「厚生労働省 過去の食中毒事件一覧」によると、鶏肉や鶏の内臓肉(レバーなど)、それらの調理品を原因食材とする食中毒事故は342件(推定含む)ありました。そのうち原因物質としてはカンピロバクター属菌が圧倒的に多く、325件(推定含む)でした。

【原因施設】

主な原因物質であるカンピロバクター属菌による食中毒事故は、飲食店で圧倒的に多く発生しています。オーダー毎に調理する際に加熱不足で提供してしまった事例などが考えられます。 

飲食店で起こりやすい食中毒に関してはこちらをご覧ください。
>>「飲食店で起こりやすい食中毒事故」のページへ

 

食中毒を起こす細菌・ウイルス一覧バナー

 

2. 食品の安全を確認するには

食品の安全を脅かす危害は、「生物学的危害」「物理的危害」「化学的危害」の3つに分類されます。
なかでも主に微生物を原因とする「生物学的危害」は、実際に発生した飲食関連の事故のうち約9割を占めるといわれています。
目には見えない微生物を検査によって「見える化」し、その状態を把握することが、微生物のコントロールには必須です。

食品微生物検査では、食品の種類・製造工程・保存条件など、検査対象の状況とその目的に応じて、衛生指標菌検査と食中毒菌検査を組み合わせて行われます。
その結果から、食中毒予防やリスク低減につなげることが可能です。

また、専門機関で検査することで、検査結果から改善のアドバイスが受けられます。より安心して食品をお客様に提供しましょう。
>>食品微生物検査のページへ

HACCP制度化対応はお済みですか?
>>HACCP制度化対応に関するよくある質問のページへ
>>HACCP制度化対応に失敗しないためのポイントのページへ

食品衛生ハンドブックバナー

【町田予防衛生研究所】食品衛生ハンドブックのダウンロードページへ

お客様の声バナー

こちらもオススメ

近年の食中毒原因上位
>>カンピロバクター食中毒の症状や特徴、予防方法について

冬場に特に多い食中毒
>>ノロウイルス食中毒の症状や特徴、予防方法について

O157は特に有名 ベロ毒素を産生する大腸菌
>>O157等の腸管出血性大腸菌食中毒の症状や特徴、予防方法について

家禽類や家畜などの体内に生息 乾燥に強い食中毒菌
>>サルモネラ食中毒の症状や特徴、予防方法について

手指の傷や化膿創に気を付けて!
>>黄色ブドウ球菌食中毒の症状や特徴、予防方法について

海水中に存在して魚介類に付着
>>腸炎ビブリオ食中毒の症状や特徴、予防方法について


別名”給食病” 通常の調理加熱では死なない
>>ウエルシュ菌食中毒の症状や特徴、予防方法について

 

Written by

株式会社町田予防衛生研究所

町田予防衛生研究所は、食の安全に関わる各種検査やコンサルティングなど幅広く商品・サービスを取り揃え、ワンストップで食の安全をサポートする企業です。

許可等

    • 厚生労働省登録検査機関(食品衛生法)
    • 登録衛生検査所
    • 国際規格 [ISO9001] 認証取得
    • 国際規格 [ISO/IEC17025:2017] 認定取得
    • JFS監査および適合証明プログラムに基づく監査会社

 

参考

・農林水産省 特集1とり(1)
https://www.maff.go.jp/j/pr/aff/1612/spe1_01.html

・厚生労働省 食中毒発生状況(2015年~2019年)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/syokuchu/04.html

・厚生労働省 過去の食中毒事件一覧(2015年~2019年)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/syokuchu/04.html

・厚生労働省 厚生労働省 カンピロバクター食中毒予防について(Q&A)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000126281.html


食品衛生のお役立ち掲示物ダウンロード

現場ですぐに使える「食品衛生のお役立ち掲示物」をご用意しております。
ダウンロードして印刷すれば、すぐにご利用いただけます。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

商品やサービスの各種お問い合わせ

お見積や注文依頼なども承っております。

食品衛生のお役立ち掲示物

現場ですぐに使える
「食品衛生のお役立ち掲示物」
をご用意しております。

無料相談

ご不明な点などございましたら
お気軽にお問合わせください。

サービスに関するお問い合わせ

よくいただく質問と
その回答をご用意しました。