1. TOP
  2. 食品衛生検査ナビゲーター
  3. 乳製品
  4. 脱脂濃縮乳

食品衛生検査ナビゲーター

乳製品

脱脂濃縮乳

生乳、牛乳、特別牛乳又は生水牛乳から乳脂肪分を除去したものを濃縮したもの

微生物検査 細菌数:100,000/g 以下
理化学検査 無脂乳固形分:18.5%以上
製造基準 a 加熱殺菌を行うまでの工程において、原料を10℃以下又は48℃を超える温度に保たなければならない。ただし、原料が滞留することのないよう連続して製造が行われている場合にあつては、この限りでない。
b 牛乳の例により加熱殺菌すること。
c 加熱殺菌後の工程において、原料を10℃以下又は48℃を超える温度に保たなければならない。ただし、当該工程において用いるすべての機械の構造が外部からの微生物による汚染を防止するものである場合又は原料の温度が10℃を超え、かつ、48℃以下の状態の時間が6時間未満である場合にあつては、この限りでない。
保存基準 濃縮後(濃縮後殺菌した場合にあつては殺菌後)直ちに10℃以下に冷却して保存すること。
出典 乳及び乳製品の成分規格等に関する省令
(昭和26年12月27日厚生省令第52号 改正:令和2年7月1日厚生労働省令第135号)

 

食品衛生検査ナビゲーター
 

検査項目の選定やその管理基準の設定にお困りですか?

コンサルティングイメージ

検査項目の選定やその管理基準の設定、食品の品質管理に関するご相談は「品質管理コンサルティング」がご利用いただけます。

容器包装詰加圧加熱殺菌食品

氷菓・氷雪

検査項目について
詳しく知りたい方はこちら

商品やサービスの各種お問い合わせ

お見積や注文依頼なども承っております。

食品衛生のお役立ち掲示物

現場ですぐに使える
「食品衛生のお役立ち掲示物」
をご用意しております。

無料相談

ご不明な点などございましたら
お気軽にお問合わせください。

サービスに関するお問い合わせ

よくいただく質問と
その回答をご用意しました。